遺言イメージ

遺言書が無かったことで家族がバラバラになってしまいました

父が病に倒れ長期入院中に亡くなりました。
葬儀の後、財産分けの話になりましたがはっきりした遺言が無かったことで、高齢の母を蔑ろにすることが起こってしまいました。
 兄弟二人で長男が母と同じ建物に住んで事業を営んでいたので、母のことを安心して預けていられるなら母の死後は全て兄にと思っていましたし、不満もありませんでした。
 葬儀が終わって暫く実家のほうに滞在していましたが、母の生活は想像していたものと違い孤独なものでした。
同居といっても一階、二階に完全に分かれていて行き来も殆どありませんし、訪ねて来るときはお金を欲しいときだけだとわかりました。
高齢の母は国民年金で五万円しか受給されていません。
少ない生活費の中から食事・光熱費を支払い、足りないときは貯金を切り崩して生活しているようでした。
 父の財産は自宅だけでなく、土地があって地代がいくらか入ってくるようになってましたが地代のほうも父が入院している間、母が何もわからない内に兄夫婦が押さえてしまって夫婦で直接回収していました。
 少しひどいのではと思い、兄に意見しようと考えていた矢先に父の通帳を母から取り上げていることがわかり血の気が引きました。
 父が倒れたその日に通帳を兄が手元に置いてしまい「お母さんは支払いのことわからないだろうから」と、母に中を見せることなく父が亡くなるまで管理していたそうです。
母が生活が苦しいといっても、通帳を渡すと減ってしまうからと渡してくれなかったそうです。
いくらなんでもやり過ぎなので、放棄しようとしていましたが母のことを考え財産権を主張することにしました。
 


 なぜこのようなことになったかと兄と話したり色々と周りの人に話を聞いていましたら、兄嫁の存在がありました。
普段から折り合いが悪く、お互いに嫌ってましたから父が入院して影響力がなくなると表面化してきたようです。
 母はというと、父が入院してしまい心細くもあるので自分に関係の無い出費などもいわれるがままに支払っていたそうです。
「とりあえず食べてはいけるので我慢している」母のこの言葉に兄に強い憤りを感じましたが、それ以上に生前きちんとした遺言状を残してくれなかった父に憤りを感じました。
 私は身軽な独身ですので、長年勤めてきた会社を辞職し母と暮らすことを決心しました。
遺言が無かった為、あいまいに分割されないよう母と私の分の財産権利を主張し、話の折り合いがつかなかった場合は家庭裁判所に持ち込むつもりでしたので。
 裁判では父の通帳ゥら関係ないお金が多額に引き出されていとことと、母の了解なしに地代を受け取っていたことから、こちらの言い分が通り母の都合がよいような形で母は半分の財産を受け取りましたが、兄弟の間には禍根が残り今では連絡も取り合うことはありません。
 弁護士さんに聞きましたが、私のようなケースは最近は珍しくないのだそうです。
財産分与の際に一番蔑ろにされるのは高齢の配偶所の場合が多く、大概は扶養を引き受けた子供の都合のいいようにされてしまうのだそうです。
子供が結婚している場合は、結婚相手の意見が入ってくるので結婚前の考え方とは違ってくるから遺産分割などでトラブルが起こるとのことでした。
私もその言葉には同意を覚えました。
まさに兄がそうでしたから。

Copyright(C) 2009 家族.com All Rights Reserved.